ペット犬の種類と特性

種類や大きさの豊富さ

「犬を飼いたい」と思ってペットショップなどに行ってみるものの、
あまりにもたくさんの可愛いワンちゃんを目の前にしてしまうと、
どの子を選んでよいかと悩んでしまいます。

犬はペットとして日本一メジャーな動物なので、
その種類や大きさは数え切れないほど挙げられます。

最近人気が高まってきているのは室内で飼うことのできる小型犬ですが、
どっしりと大きな大型犬もまたとても魅力的であったりします。

数えきれない種類のペット犬では、
その犬種によって性格や懐き方にそれぞれ違いがあります。

これから新たにペット犬を飼おうという人なら、
まずはざっとでもそれらの犬の種類と特徴などを掴んでおいたほうがよいでしょう。

参考:犬の品種一覧

責任を持って犬を飼うこと

犬に限ったことではないのですが、ペットをその家で飼うということは
その後十年単位で一緒に過ごす相手にするということでもあります。

最近社会問題化しているのが、見た目のイメージだけで
「この犬が欲しい!」と衝動的に飼いだすものの、
すぐに世話をするのが面倒になって保健所に持ち込んだり捨てたりするようなケースです。

確かに毎日の散歩や給餌、ゲージ内の掃除などは手間のかかるものですがそれらを
きちんとできるかどうかは、ペットを飼う資格があるかどうかということでもあります。

反対に、ペットを欲しがる子供に対して責任をもって世話をさせることで、
命のありがたさや責任感を教えるよい機会とすることもできるでしょう。

 

そのように考えると、これから飼う犬選びには見た目や性格の他、
毎日の世話の大変さということもかなり考慮しないといけない点になります。

ゴールデン・レトリバーやセント・バーナードのような非常に大きな犬の場合には
毎日かなりの量の運動をさせないといけませんし、また食費もかなりかかります。

また同じ小型犬でもチワワやシーズー犬、トイプードルなどは
比較的おとなしめの犬種と言われていますが、しつけの仕方やもともとの性格などで
毎日キャンキャンとうるさい鳴き声をさせてしまうこともあります。

犬のしつけは失敗するとご近所とのトラブルのもとにもなる重大なことでもあるので、
飼い始めるときにはその点も十分に考慮をしないといけないでしょう。

 

このサイトでは、その犬種の一般的な特徴や飼う時の注意点を中心とし、
犬を飼うとき全体に役立つ便利な情報を紹介していきます。

犬を飼う前に知っておくことで世話などの手間をかなり軽くすることが
できるお得な情報もあるので、ぜひ参考にしてみてください。