秋田犬

- 大型犬の品種

秋田犬は有名

秋田犬は全国的にも有名な犬種だと言えます。
忠犬ハチ公として像になっているくらい有名であることもあります。
そのため、天然記念物にも指定されているほどです。

逸話にもあるように、きちんと世話をしてしつけをなされた秋田犬は、命令に忠実な犬となります。
ただし、しつけが上手くいかないと飼い主に不利益を与えるだけではすみません。
傷害のトラブルなども引き起こしかねないという側面を持っていることを注意する必要があります。

この秋田犬の特徴にはそれを踏まえて一つ重要なものがあります。
それは大きくて強い犬なのだと言うことを前提に飼わねばならないということです。
噛みつく力がとても強くて、下手にかまれると怪我をしてしまうくらいに強いことです。
一度かまれると離しませんから、人間に噛みつかないようにするのは念入りにしつけが必要になります。

秋田犬が飼いにくい理由

秋田犬はとても有名であるのですが、実際には飼いにくい犬だと言われています。
どうして飼いにくいのかは、その狂暴な犬としての特徴が濃いからです。
頑固で独立心があるという面も作用して飼い主との上手い関係が作れなかった場合には手に負えなくなる可能性もあります。

気が強いという面もあるので、気に入らない相手や敵とみなした相手には容赦をしません。
そのため、敵に噛みつくのは日常茶飯事でしつけが上手くいかなかった場合には飼い主にも噛みつくことがあるくらいというわけです。
初心者には間違いなく飼うことはお勧めできない犬種というわけですね。

もちろん、しつけをきちんとできるなら、忠誠心が高いので犬としての役割を果たしてくれます。
その点はしつけがものを言うと言えるでしょう。
このように最近、秋田県を見かけない理由にもなっているのはしつけと危険度の面での難しさが関係しているのです。

秋田犬の運動性能は高い

秋田犬は他の犬種と比べても運動性能が高い犬種として知られています。
それもあって毎日の散歩は欠かせないものです。
運動不足にならないように注意してあげましょう。
散歩が足りないとその分だけ機嫌が悪くなったりすることもありますから要注意です。

前述したようにその性能の高さゆえに、しつけのトレーニングが完璧にできない方は飼わないほうがいいとされています。
暴れたり言うことを聞かなかったりと言うことはもちろんなのですが、一度暴れ出してしまうとそれを抑えるのが大変だからです。
能力が高い分だけそれを抑え込むには大の大人でも大変と言われているほどです。

最後に秋田犬には注意したい病気がいくつかあります。
健康維持が犬の中でも特に大事となるので、健康を保てるように毎日の犬のお世話をしましょう。