アフガンハウンド

- 大型犬の品種

アフガンハウンドの特徴は?

アフガンハウンドは宗教的にも関係の深い有名な犬種の一つです。
このアフガニスタンが原産と言われていて、その身体はとても大きなものと言えます。
しかし、日本ではあまり見ることのできない犬種でもあるのです。

そして何よりもその身にまとって地面につくほどの長い毛が特徴の犬でもあるのです。
毛の処理はもちろんのこと、毛づくろいが必要な犬と言えます。
世話が身体の大きな分だけかかるので、ある程度の手間をかけられる人に向いています。

このアフガンハウンドはオオカミなどを捕まえる狩りをする犬としての血を継いでいます。
そのため、見た目はゆっくりしていそうな動きに見えますが、実際には運動能力が他の犬よりも高いと言われています。
その大きな体を支えていることとは対照的に素早い動きも可能と言われています。

アフガンハウンドは大人しい性格?

アフガンハウンドの性格についてはどうなのでしょうか。
その見た目が大きいように、態度も大人しさがあることでしょう。
普段リラックスしている状態では無駄な動きを行うことはありません。

大人しい犬種であるということはそうなのですが、冷徹な感じがする一面もあるものです。
しかし、性格的にはそうではないと言えるのです。
穏やかでお利口な側面が強く外に出てしまっていると言うのが本当のところです。

周囲とは遊ぼうとしないのでよりそう言った面が際立つのかもしれません。
その反面、活発な時もあるなど状態によってそのあり方も大きく違います。
これは飼い主がどういったしつけを行うか、個体として活発な面を持つ子なのかでどういう気質を持つかは違うようです。

アフガンハウンドは足が速い?

アフガンハウンドは足の速い犬種といわれています。
それは犬種としての系譜がハントの物を受け継いでいるからです。
足が速いので散歩のときに思いっきり走らせることがいいと言われているのです。

自我が強い側面があるから、しつけがちょっと難しいと言うのは難点と言えるかもしれません。
しつけをしたい人はじっくりと教え込んで納得させることが大事です。
上手く指示が通じないからと言ってじれてしまうのはよくありません。

頭がよいので、自分で納得できないことには従おうとしません。
そのため、どうやってしつけるのかを考えて、じっくりと教えてあげることが大事です。
あとは犬に振りまわされないようにしっかりとしつけの指針を持つことです。

アフガンハウンドは耳の病気にかかりやすいことが分かっています。
尻尾を痛めやすく脱臼などにも注意しておきましょう。
犬は人間と違って特有の病気にかかることも珍しくありませんから、その場合は近くの動物病院へと連れて行きましょう。